子育て

どんぐり虫処理方法は?電子レンジや冷凍煮沸・失敗例や成功例まとめ!

 

子供が保育園に入って3年目。1年目はねんねの0歳児だったので何事もなく秋冬を過ごしたのですが、1歳児クラスになった去年から、大量の「どんぐり」を保育園のお散歩で拾っては持ち帰ってくるようになったのです。

どんぐり、微笑ましく見ていたのですが保育園の先生から

「虫が出るかもしれないので気を付けてください~」

と、虫が苦手な私にとって恐怖の事態を教えていただいたので詳しく聞いたところ、たまに、どんぐりの中に虫(幼虫)が潜んでいて育つと出てきちゃう、とのことで、処理方法も教えてもらったのでビクビクしながらやってみました。

どんぐり虫の処理退治方法、電子レンジを使ったり冷凍したり茹でたり水に入れたりといろんなやり方があるようですね。

実際にやってみた成功例と失敗例、どんぐりを持ち帰ってから虫が発生するまでの日数の実例、どんぐり虫とは?といった点をまとめていくのでご参考ください。

 

どんぐり虫の処理退治方法・電子レンジ

どんぐり虫の処理方法として出てくるのが「電子レンジでどんぐりをチンする」という方法。

でも、これはオススメできないようです。

30秒以上チンしたどんぐりは「爆発する危険」があります。

加熱位置によっては、30秒未満でも爆発する可能性あり、レンジの中で爆発しなくても、レンジから出したあとに爆発したり、レンジから出した後に何かに触れたりといった刺激で爆発することも十分に考えられます。

どんぐりって固いので、固い殻が体や部屋に飛び散ると怪我や室内の破損に繋がります。

他の方法で処理しましょう!

にゃおさん
にゃおさん
たまごをレンジでチンしてはいけないのと同じ理由のようですね。レンジの中で爆発すると、レンジが破損する恐れもありますね。

どんぐり虫の処理退治方法・冷凍

去年は私もこちらの方法で処理をしました。持ち帰ったどんぐり、袋に入っていたものをさらに袋に入れて、また袋に入れてと3枚の袋に入れた状態で冷凍。

3枚の袋に入れたのは、なんとなく、虫がいるかもしれないどんぐりを食材がある冷凍庫に入れるのに気が引けたからです。

1枚の袋でも何の問題もないと思いますが、気になるようなら、どんぐりを洗ってサッと汚れを落としてキッチンペーパー等で水分をふき取ってから、袋に入れて冷凍庫に入れることをおすすめします。

冷凍する日数ですが、1日と言われていたり10日と言われていたり、幅があります。

どんぐりの中にいる「幼虫」であれば1日で大丈夫、ただ、どんぐりの中には「たまご」がいる可能性もあります。たまごまで処理したい場合は10日は冷凍した方がよいでしょう。

 

冷凍したどんぐりは、お湯に入れたりして一気に解凍するとひび割れの原因にもなるので、常温で広げて置いておくなどして、ゆっくり解凍するのがポイントです。

と、言われていますが忙しく時間を節約したかった私は昨年、冷凍したどんぐりを流水でバラバラになるまで解凍、水に浸けておき常温まで戻したあと水分をふき取り排水溝ネットに入れて、エアコンの暖房が当たるところにぶら下げていました。

この方法でも、私が行った時は殻は割れることはなかったですし天日干しよりは早く仕上がったと思います。一例としてご参考ください。

この方法で昨年は成功、もともと、どんぐりに虫がいなかった可能性もありますが、虫が出ることはなかったです。

どんぐり虫の処理退治方法・茹でる

どんぐりの茹で方は、どんぐりの倍くらいの量の水を入れて火にかける。

沸騰したら弱火~中火くらいのグツグツ鳴るくらいの状態で3~5分程さらに茹でる。

※茹ですぎると殻が割れてしまうこともあるようです。

茹で上がったらザル等で水気を切り、水分をふき取り日陰で乾かします。乾燥するまではお天気にもよりますが、遅くても1週間ほどあればOK。

お急ぎの場合は、一気に温風が行かないよう注意しながらエアコンの風を利用するのがおすすめです。

どんぐりを茹でると、茶色い灰汁のような汁が出てものすごく茶色い煮汁になるようです。ナベの内側も茶色くなった例もあるようなので、茹でる場合は調理用とは別に、100均等でお安いものを用意したいですね。

どんぐり虫の処理退治方法・水に浸ける

これを、今年はやってみました!保育園から持ち帰ってきたどんぐりを、お風呂に入るときにお風呂場に持って入りガラガラ洗い、砂遊び用のバケツに入れたまま放置で入浴。

お風呂から上がるときに水気を切って部屋に持って行きました。

 

これで、失敗しました。

 

虫がいた場合、水に浸けたらすぐに出てくると思っていたんですね。でも、入浴中の時間では出てこなかったので安心していたのですが、どうやら卵がいたようで数日たった後に室内でどんぐり虫に遭遇する事態となってしまったのです・・・。

水にちょっと浸けたくらいでは、たまごは死滅しませんでした!

身を持って体験しました。

どんぐり虫の処理退治方法・塩水に一晩浸ける

この方法が一番簡単そうでした!

  • 入れ物に入れたどんぐりに、塩分3%になるくらいの塩と水を加える。
  • 一晩おく。
  • 洗って乾かす。

※塩分3%とは、1リットルの水に塩、大さじ2杯程(30g)、500mlなら大さじ1杯の塩となります。

※念のため、2日水に浸けることをオススメしている方もいました。

この方法であれば、成虫は出てきてたまごは死滅するようです。

次回以降はこちらの方法を試そうと思います!!

どんぐりを持ち帰ってから虫が発生するまでの日数

息子がどんぐりを持ち帰ってきたのが11月5日。

5日の夜の入浴時に、どんぐりも一緒に入水。その後乾かして、どんぐりを室内に置いて遊びに使ったりしていたのですが、なんだか、土汚れ?すごく落ちるな~と思っていたら11月17日、うにょうにょ動く幼虫とご対面。どんぐりに穴を開けて出てきたようでした。

今回の例では、うちに持ち帰ってきて13日の夜を過ごし、幼虫とご対面となりました。

どんぐり虫の正体は?

虫の正体はいろいろあるそうです。

多くみられるのは「ゾウムシの幼虫」とのことで「クヌギシギゾウムシ」「コナラシギゾウムシ」「ハイイロチョッキリ」と、木によって付く虫が違うんです。

たまごは、どんぐりが青いて柔らかい時期に、表面に見えないくらいの小さな穴をあけて産み付けられるようです。

卵が孵ると、幼虫はどんぐりの中の実を食べながら成長し、どんぐりの表面に穴をあけて外に出てきます。

ゴミかと思って拾ったら、うにょっていう手触りで恐怖を感じました。苦手な方もいらっしゃると思うので、ここで画像を貼るのは控えますが、カブトムシの幼虫・5mm版といった感じでしょうか。

我が家で遭遇した幼虫の写真を記事の一番最後に貼り付けますので、興味のある方は見てみてくださいね。

でてきた虫はどうする?

虫、お昼に見つけた時はあせってしまって、ティッシュにとって、家の玄関前に放してしまいました。

夕方のお風呂上りに虫を発見したときは、お風呂上りと言うこともありすぐに対応できなかったので、しばらく放置していました。

放置していたら、少し動きが悪くなったように感じたのでティッシュに水をたらし、最終的にはティッシュ全体が濡れて虫の下にも水分がある状態にしたらちょっと復活。

動きがなかった他の幼虫も活動を始めました。

やっぱり、水分が大事なのねと思いましたが、近くに「土」があるところがわからず、了承を得たうえで、隣に住む小学生の夏休みの時に持ち帰ってきた「あさがお」のところに放させていただきました。

にゃおさん
にゃおさん
見ているうちにちょっと愛着がわいてしまいました

まとめ

塩水、が一番楽なような気がします。

ただ、やっぱり、何をするにしても虫がでてくるのは衝撃が大きいので、拾ってきたどんぐりに虫がいないことを全力で願いたいと思います。

 

下記が、我が家で遭遇したどんぐり虫です。

どんぐり、息子が散らかしたらそのままにしていたせいで床で発生していました。

どんぐりをちゃんと入れ物にしまっていたら、その中での発生で済んだかと思います。

みなさまもお気を付けくださいね。