天気

【台風19号2019ハギビス】河川氾濫や被害状況・交通等影響まとめ

 

令和に入った日本に甚大な被害を及ぼしそうな台風19号ハギビス。神奈川県川崎市では12日の3時頃から雨足が強まり、12日はずっと雨。

16時過ぎに一度雨が弱まった後は本番と言わんばかりの激しい雨風となり、夜にかけてだんだんと強さが増してきていましたが22時過ぎ、ふと気づいたら、雨風の音がやんだようで静かになったり音が強まったりを繰り返しています。嵐の前の静けさでしょうか、薄気味悪いと感じていましたが、台風のピークが遠ざかっていたようでした。

神奈川県川崎市、0時には雨や強風は止んでいました。外を覗いてみると道路に葉っぱが散らばっているのが見え近所の家も雨戸を閉めているところが多く、街は暗い印象でした。

台風19号本体の雨風は、12日夜から13日明け頃までにかけて猛威を振るうとみられています。

12日、21時時点で確認できている台風19号による被害状況や多摩川や荒川といった河川の氾濫状況とあわせて緊急放流の可能性があるダムの情報、

停電や交通、コンビニ、郵便局、宅急便などの影響についてもまとめていきますのでご参考ください。

 

Contents

【台風19号2019ハギビス】進路予想

12日19時、静岡県に上陸して20時頃小田原の方に進んでいた台風19号、21時には東京・町田付近を通過しています。進路予想はこちらで詳しくまとめていますのでご参考ください。

あわせて読みたい
台風19号2019米軍・ヨーロッパ・気象庁進路予想最新情報 日本や関東への影響と対策もまとめ 10月4日に発生した台風のたまごは6日3時に台風19号Hagibis(ハギビス)となり、10月12日の19時前に静岡の伊豆半島に...

大雨特別警報発令地域

15:30に発表された1都6県

東京(多摩地方)、

埼玉、神奈川、群馬の山沿い

山梨、長野、静岡(伊豆半島の一部)、

19:50追加発表の5県

栃木、茨城、新潟、福島、宮城

解除

岩手県の大雨特別警報は、13日8:40に解除されました。

宮城県の大雨特別警報は、13日5:45に解除されました。

福島県の大雨特別警報は、13日4:00に解除されました。

長野県と新潟県の大雨特別警報は、13日3:20に解除されました。

茨城県と栃木県の大雨特別警報は、13日2:20に解除されました。

埼玉県の大雨特別警報は、13日0:40に解除されました。

神奈川県の大雨特別警報は、13日0:20に解除されました。

群馬県の大雨特別警報は、13日0:10に解除されました。

東京都の大雨特別警報は、12日23:55に解除されました。

山梨県の大雨特別警報は、12日23:01に解除されました。

静岡県の大雨特別警報は、12日22:20に解除されました。

【台風19号2019ハギビス】被害状況

強風

千葉県

12日9時半ごろ、千葉県市原市永吉で竜巻とみられる強風が発生し、住宅1棟が全壊しました。この家の中にいた子ども3人を含む5人が軽傷を負い、病院に搬送されました。

全壊した住宅の近辺では、少なくとも5棟の住宅が被害を受けたとのことです。

横転した軽トラックの中に乗っていた50歳の男性が意識不明で発見され、その後死亡されたとのことでした。

埼玉県

埼玉県川口市で、避難所に向かっていた71歳の男性が風にあおられて転倒し、軽いけがをしたとのことです。

茨城県

茨城県桜川市で風にあおられて転倒した男性が、頭を強く打ち重体となっています。

宮城県

仙台市では、50代から80代の男女あわせて少なくとも4人が風にあおられて転倒するなどしてけがをしました。13日時点では、全容はつかめていないとのことです。

土砂崩れ

群馬県

群馬県富岡市匠地区で裏山が崩れ土砂が流入、住宅4棟に被害、2棟が全壊。2棟にはあわせて4人が住まわれていて、そのうちの3人が行方不明となっているようです。消防による救助活動が行われ1人が見つかりましたが死亡を確認、13日6時前に残り2人が見つかり病院に搬送されました。

神奈川県

12日15時ごろ、神奈川県相模原市緑区牧野で土砂崩れがおきて住宅3棟が倒壊。住民が家の中に取り残されましたが救助され、ケガもなかったようです。

長野県

12日21:34に陸上自衛隊に災害派遣を要請。市内で土砂崩れが発生、道路の通行ができず9世帯12人と消防隊員2人が孤立。

栃木県

栃木県の岩舟町の土砂崩れで60台の女性が行方不明となっています。

福島県

福島県二本松市百目木(どうめき)の住宅の裏山の土砂崩れがあり60代の男女2人が巻き込まれ、自衛隊などが捜索を進めています。

岩手県

岩手県釜石市片岸町で、宿泊施設に土砂が流れ込み50代の管理人男性がろっ骨を折るなどの大けがをしました。

水害

静岡県

御殿場市の用水路で男性2人が流される事故があり、1人は救助されましたが1人は不明となっています。

長野県

北陸新幹線の車両センターが浸水しました。

栃木県

栃木県鹿沼市

栃木県鹿沼市で、黒川の様子を見に行った70代の男性の行方がわからなくなっています。

栃木県栃木市

大平下病院で周囲が冠水し、13日10時時点で入院患者と職員あわせて80人が孤立、停電・断水状態のため水や食料の搬入が進められてるようです。

宮城県

広瀬川

20:20ごろ、仙台市沖野付近で、広瀬川に男性1人が流されて行方がわからなくなっています。

登米

宮城県登米市で、川の近くで男性が1人救助されましたが死亡を確認。外の様子を見に行っていた60代の男性が行方不明となっていたのでその男性と見られています。

石巻市水沼

石巻市水沼で、避難の呼びかけなどをしていた60代の男性が行方不明となっているようです。

宮城県大和町

宮城県大和町で「流されているので助けて欲しい」と消防に通報してきた50代の女性がいましたが、その後、連絡が取れなくなっているとのことです。

阿武隈川流域

阿武隈川の流域で「連絡が取れない家族がいる」という通報が相次ぐなど、救助要請が相次いでいて被害の全容は分かっていないようです。

神奈川県

12日夜、相模原市緑区で、家族とみられる4人が乗った車が川に落ちたとの通報があり、その車に乗っていたとみられる翌13日午前に川の下流で30代の母親と小学生の娘が見つかり、ともに死亡が確認されました。

栃木県

栃木県足利市で3人が乗った乗用車が大雨で冠水した場所で水没し、このうち1人が死亡、2人が救助されました。

福島県

福島県南相馬市

福島県南相馬市で、13日0:40分頃に、相馬市小高区の県道交差点で台風への対応を終えて車で帰宅していた25歳の市の男性職員から「車が道路の冠水地帯に水没した。車からは脱出した」と職場に電話がありましたが男性は帰宅せず。県警南相馬署や消防などで捜索し、13日5:35分頃、付近で遺体で発見されました。

福島県いわき市平幕ノ内

福島県いわき市平幕ノ内で床上浸水があり、96歳の寝たきりの女性を家族が助けようとしたところ、水に流され行方がわからなくなっています。

水道管の破裂

静岡市で水道管が破裂し、マンホールから水があふれだしました。

冠水

埼玉県川越市

冠水した住宅街で大規模な冠水が起こり、消防がボートで巡回し、避難を呼びかけました。

埼玉県川口市でも道路が冠水、車が往生する事態が起きました。

住宅でも床上浸水が起こり、床上10cmほどの被害がでており、住宅の前の通りはひざ下程の冠水になっているとの報告もありました。

武蔵小杉

駅近くのタワマンの地下やマンションの1階、商業施設周辺が冠水。南武線沿線道路も冠水。一部で停電も。

道路の陥没

栃木県

栃木県鹿沼市で、軽乗用車とトラックが川沿いの道路にできた穴に相次いで落ち、軽乗用車の男性が死亡しました。

岩手県

岩手県田野畑村で、陥没した道路に軽トラックが転落し、運転していた71歳の男性が死亡しました。

怪我等

さいたま市

自宅の屋根で作業していた70歳の男性が転落し、腕などを骨折。

北茨城市

避難所にいた男性が建物内で転倒し、左足を骨折しました。

かすみがうら市

住宅の屋根から転落した男性が大けがをしました。

【台風19号2019ハギビス】河川氾濫状況

日本全国、14河川で氾濫が起こったとのことです。小さな氾濫も含めると70以上との情報もありました。こちらではその一部について記載しています。

鶴見川

水位が上がり、橋の下に水位が達しそうになり警戒されていましたが、氾濫には至らなかったようです。

多摩川

危険水域を超えて氾濫する恐れがあります。19時22分時点では、多摩川にかかる橋の底の部分まで水がつきそうなほど水位が増しているとのことです。

多摩川に停泊してあった船も座席部分は水に浸かってしまっている状態、

画像参照元:NNN報道特番

船の手前側は遊歩道があるのですが、そこも完全に水に浸かっているとのことでした。

世田谷区玉川地先、堤防のない箇所から水が流れ出し氾濫、道路にも水が及び、付近のマンションや住宅も冠水しました。

浅川

八王子市では多摩川の支流、浅川の水位が氾濫の危険があるとされる2m60cmを超えました。八王子市は、土砂災害や浸水の可能性のある81,539世帯、188,690人に対して避難指示がだされました。

12日の15時前、八王子市廿里町を流れる多摩川水系の南浅川で、増水した川の水が付近の橋を越えて水が溢れ出したとの情報がありました。

都幾川(ときがわ・埼玉県)

国交省東地方整備局の発表では、12日19時頃、埼玉県東松山市を流れる荒川水系の都幾川で氾濫が発生し、堤防を越えた越水(えっすい)が起こりました。

堤防が決壊した場合は周辺の町などに被害が及ぶ可能性もありますが、この時点では決壊までは至っていません。

東松山市の葛袋地区や早俣地区で複数の家が床上浸水し、住民が取り残されました。消防が救助にあたりましたが都幾川から水があふれ続けていて流れが速く、ボートが近づけないため救助は一時中断されました。

その後救助は再開されて、13日4時までに16人の住民が救助されたとのことですが、他にも取り残された方がいるとのことで引き続き救助が進められています。

隅田川

浅草付近では、隅田川の川沿いにある遊歩道もすっかり冠水し、歩ける状況ではなくなっていました。

利根川

「利根川水系川治ダム」が12日22時から緊急放流の予定。

「利根川水系下久保ダム」が13日1時から緊急放流を始める可能性が発表。下流にあたる神流川流域の住民に注意が呼び掛けられているそうです。

「利根川水系川俣ダム」12日遅くから13日未明にかけて、緊急放流を始める可能性があると発表。

利根川の水位も心配でしたが、避難した方はいらっしゃいましたが氾濫したという情報は見当たりませんでした。

荒川

「荒川水系二瀬ダム」が12日22時から緊急放流の予定。

入間川と荒川の合流地点の写真とのことです。

相模川

「相模川水系城山ダム」が12日21:30から緊急放流開始の予定。

入間川(埼玉県)

入間市野田地区の入間川で氾濫発生。

新河岸川(埼玉県)

埼玉県川越市大仙波地区の新河岸川で氾濫発生。

不老川(埼玉県)

狭山市入曽地区、入間市下藤沢地区を流れる不老川で氾濫発生。

江川(埼玉県)

桶川市河田谷地区の江川で氾濫発生。

千曲川(長野)

千曲川が氾濫、市内の篠ノ井横田で逃げ遅れた人もいるとのこと。

田川(宇都宮市)

12日22:10、栃木県宇都宮市を流れる田川。栃木県宇都宮市大通り4丁目で川の水が堤防を越えて、氾濫が発生。

蛇尾川(さびがわ・栃木県)

栃木県大田原市北大和久の蛇尾川で、13日未明に左岸の堤防が約200メートルにわたって決壊しました。付近の水田や道路に濁流が押し寄せたとのことです。

巴波川(栃木県)

栃木市小平町を流れる巴波川が氾濫しました。

永野川(栃木県)

栃木市大平町を流れる永野川が氾濫しました。

秋山川(栃木県)

佐野市赤坂町を流れる秋山川が氾濫しました。佐野市赤坂町付近の堤防が少なく見ても10メートル以上決壊し、そこから氾濫が起きました。決壊が起きた箇所はJR佐野駅から南西に2kmの住宅街で、住宅に水が流れ込み付近の住民から救助を求める通報が複数あったとのことです。

阿賀野川

川の上流にあたる阿賀町鹿瀬地区と津川地区の2か所で水が堤防を超え、その後水が堤防を超えた範囲は広がって、少なくみても10か所ほどから水が堤防を超えてあふれているとのことです。

栃木姿川

12日19時すぎに河川氾濫危険情報発表、氾濫の恐れありとされています。

箒川(ほうきがわ・栃木県)

栃木県那須塩原の「塩原ダム」で水位が上昇したため12日21時半すぎから緊急放流が開始されました。

緊急放流に伴って箒川(ほうきがわ)地域の住民に警戒を呼び掛け、大田原市と那珂川町(なかがわまち)では避難指示が出されたようです。

中禅寺ダム(栃木県)

栃木県日光市の「中禅寺ダム」の水位が上昇、緊急放流を行う可能性があると発表されました。

西荒川ダム(栃木県)

栃木県塩谷町の「西荒川ダム」の水位が上昇、緊急放流を行う可能性があると発表されました。汐屋町では荒川の水位があがることで影響がでる住民に避難指示を出しています。

矢田川(三重県)

三重県伊勢市の矢田川が氾濫、道路と川の境目がわからなくなり車も家も冠水。水位は消防の方の腰くらいまであり、取り残された住民の救助が進められていました。

花園川(茨城県)

茨城県北茨城市の「水沼ダム」が12日20:50より緊急放流が開始されました。これにより、下流の花園川と大北川が氾濫の恐れがあると発表されました。

大北川(茨城県)

茨城県北茨城市の「水沼ダム」が12日20:50より緊急放流が開始されました。これにより、下流の花園川と大北川が氾濫の恐れがあると発表され、23:30頃、河口近くにある大北橋の付近で氾濫との情報が市民から入り、市の職員が確認に向かったとのことです。

にゃおさん
にゃおさん
市の職員さん、行かないといけない状況なのでしょうか。大変なお仕事に頭が下がります。

山田川(茨城県)

茨城県常陸太田市の「竜神ダム」が23:30から緊急放流が開始されました。下流にある山田川に氾濫の恐れがあるとのことです。

台風19号の影響による浸水断水の被害が出て復旧に時間がかかるため10月15日(火)は市内公立幼稚園及び小学校中学校を休校、16日以降については15日昼までに連絡とのことです。

常陸太田市の災害特別版ページはこちらです→http://www.city.hitachiomiya.lg.jp/

久慈川(茨城県)

氾濫危険水域を超えていて、12日23時過ぎ、大子町久野瀬地区と矢田地区で氾濫が発生しているとのことです。

鮫川(福島県)

福島県いわき市にある「高柴ダム」は、水位が上がったため23:00から緊急放流が開始されました。下流にある鮫川に氾濫の恐れがあるとのことです。

阿武隈川(福島県)

13日1:00ごろ、福島県鏡石町成田地区で阿武隈川が氾濫し、多数の住宅が水に浸かる被害が出ています。

吉田川(宮城県)

宮城県富谷、三ノ関字馬場沢下地先付近で氾濫したと22:30に発生されました。一部で決壊が起きたようです。

【台風19号2019ハギビス】停電状況

12日午前11時

千葉県で約7200軒、茨城県で約1200軒、埼玉県で約200軒、静岡県で約200軒、東京都で100軒未満。

千葉県内で最も多いのは市原市2000棟、次いで佐倉市1900棟

12日18時半

千葉県で約31300軒、静岡県で約31000軒、神奈川県で約5300軒、茨城県で約4500棟、東京都で約2100棟、群馬県で約1900棟、埼玉県で約1600棟、栃木県で約1000棟、山梨県で約600棟。

千葉県内で最も多いのは鴨川市4600

東京は奥多摩町で約1200、世田谷区で約900

12日20時20分

1都6県で367,800戸

神奈川県で約148,700軒、千葉県で約132,500軒、東京都で約32,000軒、栃木県で約20,500軒、茨城県で約17,000軒、埼玉県で約13,800軒、群馬県で約3,300軒。

※停電対策の電源車、東電160台・九州~中国など20代移動手配を開始し、最大360台を配備するとのこと。

※東京電力は台風15号のときの7倍以上の17,300人態勢で停電の状況把握や復旧にあたるとのことです。

13日11時

首都圏などで約202,100軒

千葉県で約103,200軒、神奈川県で約44,900軒、茨城県で約23,800軒、

長野県では約55,000軒余、静岡県では約17,300軒、

※切れたり垂れ下がった電線には決して近づかず、カスタマーサービスに連絡を、とのことです。

問い合わせ先はお住まいの地域によってことなりますこちらの電力会社ホームページより地域を選んで連絡先を確認してください。

 

【台風19号2019ハギビス】による交通への影響

12日JR新幹線や在来線、私鉄や地下鉄

JR東日本、午前中から昼過ぎにかけて首都圏の在来線で順次運行取りやめ。

東海道新幹線、東北・上越新幹線も計画運休となっています。

私鉄や地下鉄の多くも計画運休。運休時間は各鉄道会社や路線によって異なります。

鉄道についてはこちらもご参考ください。

あわせて読みたい
計画運休 東海道新幹線の名古屋ー大阪間運行状況や近鉄・JR在来線についてもまとめ 今世紀最大級と言われている台風19号が近づいていますね。2019年10月12日の成田・羽田の飛行機は全便欠航、新幹線や在来線も影...

13日JR新幹線や在来線、私鉄や地下鉄

JR東日本の一部の在来線や山形新幹線で終日運休予定です。

私鉄や地下鉄も13日の朝は台風通過後の設備の整備や安全確認があるため、始発からの運転は見合わせ、安全の確認が取れ次第の運行となるため運行の見込みの発表は明日の午前~午後となりそうです。

飛行機

飛行機についてはこちらでまとめています。

あわせて読みたい
台風19号2019飛行機欠航最新情報と航空会社の問い合わせ先まとめ 台風19号Hagibis(ハギビス)が発生しました。 こちらでは、航空会社各社が発表する飛行機の欠航情報や遅延情報、欠航の...

【台風19号2019ハギビス】コンビニ計画休業

セブンイレブン

12日、首都圏・東海地方を中心とした約1000店舗での計画休業となっています。休業となる時間などは各店の判断によるので店舗により異なります。

ファミリーマート

12日、東京・神奈川を中心に660店舗が休業となっています。

ローソン

12日、関東の435店舗で休業となっています。

【台風19号2019ハギビス】郵便局

12日、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨木、栃木、群馬、山梨、静岡の全域と長野の一部の地域で配達や集荷、窓口業務など休業となっています。

宅配便への影響

佐川急便

東京、神奈川、千葉など関東から中部地方の17都県で12日の集荷と配達を中止。

ヤマト運輸

東北から関西地方の29都府県で、営業所の受付業務を一時停止、14日頃にかけて配達に大幅な遅れが出る可能性があると発表されています。

まとめ

住んでいる家が揺れたので、もう、台風で飛んじゃうのかなと思って覚悟を決めたら地震でした。地震は18時22分ころ、震源地は千葉県南東沖で震源の深さは80キロ、マグニチュードは5.7と推定されています。鴨川市では震度4を観測。

雨で地盤が緩んでいる中の地震、心配です。

避難所まで行くのが危険な場合は近くにある頑丈な建物に身を寄せるか自宅の2階以上、山の斜面からできるだけ離れた部屋に避難するなど、いまできる最善の行動を推奨されています。

お気をつけて、水のある地域や土砂災害にご注意ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

折を見て、写真や情報を追加していきますのでまたご参考いただけたらと思います。

あわせて読みたい
【台風19号】避難勧告地域・警報発令状況等確認ページの調べ方 今世紀最大の台風19号が近づいている2019年10月12日の午後、神奈川在住のものとしては激しい雨風が続く中、なんだか落ち着かな...
あわせて読みたい
【台風19号多摩川氾濫の可能性】ハザードマップやライブカメラ情報 2019年、令和になった日本を襲っている今世紀最大級の台風19号ハビギス。私が住んでいる神奈川県にも洪水や土砂災害の警報が出てい...
あわせて読みたい
【台風】危険映像や画像・無料wifi接続法や対策等役立ち情報まとめ 今世紀最大と言われている「台風19号ハギビス」が日本に近づいています。なんだか気持ちが落ち着かなくてツイッターやネットで台風の情...

 

RELATED POST