オススメ商品

カルディクリスマスカレンダー2019種類や値段!中身と使い方もまとめ☆

 

クリスマスが近づいてきて、街やお店もクリスマスグッズが飾られて、この時期は寒さで体は縮こまるのですが心はウキウキしています。

カルディで見かけたクリスマスカレンダー(正式名称:アドベントカレンダー)。今年、買ってみました!

カルディ店頭で売られていたアドベントカレンダーの種類や金額、気になる中身や使い方をご紹介していきます。

1から24の数字が書かれているのですが、使い方を調べてみるとカウントダウンと書かれていたり日付と書かれていたり様々。その使い方についてもまとめていくのでご参考くださいね。

 

カルディ・アドベントカレンダー2019種類と値段

店頭で見かけたのは上の画像の3種類。サンタさんのカルディオリジナルのものと、トイストーリー4とトーマスのものでした。

サンタさんのものは「税込み375円」。トイストーリー4とトーマスの方は「税込み518円」!

にゃおさん
にゃおさん
このお値段でクリスマスが来るのを楽しみに1日1日過ごせるなんて、お得!と、ついつい買ってしまいました

サンタさんのものは、24個の窓をめくると裏側にジンジャーマンやソックスなどの絵柄が書かれているそう。

トイストーリー4とトーマスのものは、めくった裏側に絵柄はないのですが、箱の裏側に切り取ってオーナメントとして飾れる絵柄が書かれています。




私が購入したトイストーリー4のは、こんな感じでした。

うちの息子はウッディとバズが大好きなので、大興奮でした!

カルディ・アドベントカレンダー2019中身は何?

カルディのアドベントカレンダーは3種類とも窓は24個。中身はミルクチョコレートのようです。

私も子供も待ちきれず、1日だけ開けてみたところ中身はこんな感じ、

チョコのサイズは長い辺で2cmほど。小さいかわいいスケート型のチョコレートでした。

1個じゃ物足りなさそうですが、このサイズなら食事の前でも影響なさそうなのはいいですね。

アドベントカレンダー使い方

「アドベント」とは、クリスマス前の4週間の期間のこと。

アドベントカレンダーはクリスマスまでの日数を数えるのに使用するカレンダーなので、使い方としては

12月1日に1と書かれている窓を開ける。その後は2日には2の窓、3日には3の窓と、日付と同じ窓を開けていき、24個を開け終わるとついに!クリスマスがやってくる!!

という感じです。

カウントダウン、と書かれていたので、24日から開けてクリスマスイブの日に1の窓を開けるのかな??と混乱をしてしまいましたが1日に1の窓、が正しい使い方のようです。

にゃおさん
にゃおさん
逆じゃ混乱しそうですもんね。1日に1の窓、2日に2の窓の順で開けていきます!

アドベントカレンダーには開ける時間も決まりがあるらしく!開ける時間は「朝」とのことでした。

朝にカレンダーの窓を1つ開けて、クリスマスを楽しみにウキウキ学校や保育園に行く・・・想像してみただけでウキウキしてしまいましたが、朝は1分1秒を争う状態なので今年の我が家は夜に開けようと思います。

まとめ

ただ忙しく過ぎていくだけの12月ですが、今年はアドベントカレンダーが加わったのでクリスマスに向けて、いつもと違う毎日を過ごせそうでワクワクしています!

早い時期に売り切れになるようなので、気になる方はお早めにお店に行って見てくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

RELATED POST