旅行

モバイルバッテリー機内持ち込みJAL/ANA個数や100Wh160Whの調べ方も!

 

ポケモンGOやSNS利用、ネット検索等々で、携帯電話やタブレットのバッテリーは消費しがちですよね。充電がなくなった時のためにモバイルバッテリーをお持ちの方も多いと思います。

モバイルバッテリーはお出かけや旅行で遠出したりで、しばらく充電できない環境となるとなおさら持って行きたいアイテムですよね。

飛行機に乗るときも、持って行きたい!とは思うけど、こういう充電器にあたるものやバッテリー?こういうのって預け入れができるのか?飛行機に持ち込んで良いのか?イマイチわかりづらく思っていました。

リチウムイオン電池が使用されているため、状況によっては発煙・発熱・発火や爆発する危険もあると言われているモバイルバッテリー

旅行に行くにあたり、持って行きたいけど心配だったのでモバイルバッテリーの飛行機機内の持ち込みについて調べたのですが、パッとわかりづらかったのが100Whとか160Wh。

モバイルバッテリーはJALやANAの国内線・国際線飛行機の、受託手荷物預け入れで預けられる?という点や機内に持ち込みできるのか、持ち込みできる個数制限と併せて、100Wh、160Whとは何?どこで見れる&調べられる?という点もまとめていくのでご参考いただけたら幸いです。

 

飛行機・預け入れ(受託手荷物)とは?

飛行機で、預け入れ荷物(受託手荷物)と言えば「スーツケース等を預け入れカウンターで預けて、飛行機機内に手持ちで持ち込まない」荷物のことを指します。

にゃおさん
にゃおさん
預け入れた荷物は基本的に、飛行機を降りて荷物受取所で受け取るまでは手にすることはできないので、飛行機内で使いたい物を入れないよう注意しましょう

モバイルバッテリー・受託手荷物として預け入れできる?

お店で売られているモバイルバッテリーは「リチウムイオン電池を使用した充電式」のものが主流。この、リチウムイオン電池は衝撃や温度などの外的条件によって、発煙や発熱・発火したり爆発したりする恐れがあるんですね。

実際に、飛行機の預け入れ荷物の中に入れられたモバイルバッテリーが発煙・発熱・発火・爆発したという事件が発生したため2019年現在、モバイルバッテリーを受託手荷物の中に入れて預け入れることは全面的に禁止されています

にゃおさん
にゃおさん
飛行機の受託手荷物に入れていたポテトチップスの袋がパンパンに膨れ上がっていたことや、オリーブオイルがカチカチに固まっていた経験があります。預けた荷物が置かれる環境は客室とちがって、それだけ気圧や気候の変化が厳しい感じなんですね。そんな中にバッテリーを入れておいて、外的衝撃や気温の変化で発煙・発火したりしたら・・・恐ろしいですね。

飛行機の受託手荷物を入れた中に人は配置されていないでしょうし、人がいたとしても全ての荷物を見張ることは不可能ですよね。

受託手荷物を預ける時はX線に通して、預け入れ不可なものが入っていないかの確認が行われるのでうっかり荷物に入れてしまっていても事前に見つかるとは思いますが「預け入れする際はモバイルバッテリーは荷物の中に入れない。預けない予定→急に預けることになった時は忘れずに荷物から抜く」ことを徹底していきましょう!!

モバイルバッテリー・手荷物で機内に持ち込める?

預け入れは全面的に不可ですが「手荷物として飛行機内に持ち込むのはOK」です!

ただ、外的要因で発煙・発火の危険があるものを飛行機内に持ち込んでいるという自覚は持って、何か異変があったら直ちに客室乗務員の方に連絡し、指示を仰ぎましょうね。

モバイルバッテリー・個数制限JAL/ANA・国内線/国際線の違いは?

モバイルバッテリーは飛行機内に持ち込める個数が制限されています。2019年10月17日調べではJALもANAも、国内線も国際線も同じ基準でした。

Wh(ワット) 機内持ち込み 個数制限
100Wh以下のもの 個数制限なし
100Wh以上160Wh以下のもの 2個まで
160Whを超えるもの 不可 0個

160Whを超えるモバイルバッテリーは機内持ち込み不可。

100Wh以上160Wh以下のモバイルバッテリーは機内持ち込み可能ですが、1人あたり2個まで、と数量が制限されています。

100Wh以下のものは、個数制限なしで機内に持ち込めます。

ではWhって?という点を見ていきましょう!

モバイルバッテリー・100Wh、160Whとは?

Wh(読み方:ワットアワー・1時間当たりの電池の力量)=W(読み方:ワット・消費電力)とh(読み方:アワー・時間)の積算値

わー!何のことだかサッパリわかりません・・・。

すごくザックリとはしょって説明すると「Wh(ワットアワー)とは、モバイルバッテリーとかの容量のこと」のようです。

詳しく知りたい方はこちらの蓄電池バンクの記事をご参照くださいね。

モバイルバッテリー・100Wh、160Wh調べ方

私の持っているモバイルバッテリーを見たら、商品表示のシールに書いてありました。ちなみに、私が愛用しているのは携帯電話を2~3回充電可能が謳い文句な、電気屋さんで数千円で購入したバッファローのもの。

Whを見てみると「18.88Wh」。

にゃおさん
にゃおさん
規定に全く届かず驚きました

160Whなんて遠く及ばない、20Whにも満たない容量で、機内持ち込みに何の心配もいらないようでした。

そこで気になったのは100Whや160Whって、どんなモバイルバッテリー?という点。調べてみたら、こんなモバイルバッテリーでした。

100Wh

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HyperJuice 27000mAh USB-C モバイルバッテリー 大型ノートPC充電 最大130W高出力 HYPER++
価格:19690円(税込、送料無料) (2019/10/17時点)

楽天で購入

 

ノートパソコン2つを一気に急速充電できるみたいですね。

160Wh

にゃおさん
にゃおさん
意外と安いのもあってびっくり!飛行機の機内に持ち込めないとしても、今回の台風19号みたいな被災時に役立ちそうですね。普段使いとしては、買う候補にあがりませんが防災・被災用として1個あってもよさそうに思えてきました

まとめ

モバイルバッテリー、自分が飛行機機内に持ち込んだもので何か起きたら・・・と調べるまでは心配に思っていましたが、手持ちのモバイルバッテリーは問題なさそうで安心しました。

160Wh越えのものでも数千円で売られているようなので、飛行機機内に持ち込む場合は事前に確認をして、没収箱に入れなくて済むようにしておきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

あわせて読みたい
乳児の赤ちゃんの初めて飛行機はいつから?耳抜きや持ち物・料金等2019年最新情報をご紹介! 子供が生まれたばかりの里帰りからの戻りや急な用事や旅行等、小さな赤ちゃん連れで初めて乗る飛行機、不安ですよね。そんな不安を少しで...