時事ニュース

婚姻歴なし未婚のひとり親のみ対象の手当て(支援)開始・対象や期限と注意点を詳しく解説

 

2018年12月13日に自民、公明両党が結婚歴がないひとり親に対して税制上の支援策を講じるとしていた件が進んだようで「児童扶養手当を支給している人」と、「令和元年7月5日時点で所得制限などで支給を停止している人」を対象に封書にてお知らせと申込書の発送が始まりました。こちら、届いた方全員が手当てをもらえるわけではないので今回の手当ての概要と併せて支給対象者はどんな人なのかという点と、提出の期限を詳しくまとめていきます。

 

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金のお知らせ

こんな見出しのお知らせが送られてきます。こちらの手当ては「令和元年に限り臨時・特別給付金」を支給すると書かれているので、あくまでも1回限りと書かれています。支給額は「17,500円」です。

児童扶養手当を振り込まれている口座への振り込みで支給されます。

昨年の段階では一度きりとの話ではなかったので、また来年以降変わった形での支給があるかもしれません。




自民、公明両党の話した原案がまとめられている記事はこちらです→https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201812/CK2018121402000136.html

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金を受けられる対象者

「婚姻歴のない未婚の方で、児童扶養手当を受給している人」が、対象です。

もうちょっと細かく見ていくと下記の要件に当てはまる必要があります。

  • 令和元年11月分の児童扶養手当の支給を受けている人
  • 令和元年10月31日までに法律上の婚姻を一度もしたことがない人
  • 令和元年10月31日までに事実婚をしていない人
  • 令和元年10月31日の時点で、事実婚の相手方の生死が明らかでない人

男女、性別は問わず上記にあてはまるのであればひとり親の父・母どちらでも対象となります。

にゃおさん
にゃおさん
事実婚の部分がちょっとややこしいですね。令和元年10月31日の時点で事実婚をしているとNGだけど、令和元年10月31日の時点で事実婚の相手の生死が不明なら受給対象になるんですね

あくまでも基準日の時点で、との話なので令和元年11月1日に婚姻したとしても、この手当ては受け取れるとのことです。




未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金の注意点

令和元年10月31日が計算の基準になる日なので、この日より前に申請を出していて、令和元年10月31日までに他の地区に引っ越してしまった場合は新しい地区で再申請が必要です。

令和元年10月31日までに申請していて令和元年11月1日に他地区に引っ越した場合は、引っ越す前の地区から支給されます。

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金の申請期限と振込日

申請の最終の期限は令和2年1月31日。締め切りと振り込み日は下記のように設定されています。

  • 1回目:令和元年10月31日受付分まで→令和2年1月10日振込
  • 2回目:令和元年11月1日~12月27日受付分まで→令和2年2月10日振込
  • 3回目:令和2年1月6日~1月31日受付分まで→令和2年3月24日振込

先に記載した10月31日と11月1日の引っ越しの話と同様に、令和元年11月1日~12月27日の間と令和2年1月6日~1月31日の間に申請と引っ越しをしてしまった場合は、新しい引っ越し先の地区で再申請が必要なのでお気を付けくださいね。




未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金の申請方法

申込書が同封されています。こちらに申請日と名前や住所、生年月日、電話番号と併せて証書番号も記載し、押印1か所も必要です。

戸籍謄本(原本)も必要です。

にゃおさん
にゃおさん
川崎市の場合はこちらを持って、役所の窓口まで出向く必要がありました。申請書は一緒かもしれませんが申請方法は区によって異なるかもしれないので、上記は参考としてご確認いただけたらと思います

このお知らせの問い合わせ先は?

川崎市の場合は、こども未来局 というところになります。

川崎市のこども未来局のホームページはこちらです→http://www.city.kawasaki.jp/450/soshiki_list.html

各自治体で名前が違うかもしれませんが、児童扶養手当の業務を担っているところになると思うので、封書が届かない場合は問い合わせをしてみてくださいね。

まとめ

全国的に、婚姻歴のない方の「みなし」を取り入れて税制などで不利な状態にならないようにしてほしいですね。今回の手当ても一度きりとなってはいますが、ないよりはいいと思うので対象の方はいただけるものは漏れなく受け取って、制度の善処の意見を上げ続けて行けたらと思います。

あわせて読みたい
養育費の不払い未払いの請求や回収が楽になる法改正!再婚でどうなるかについても☆ シングルファザー・シングルマザーにとって大事な収入の一部である養育費。法廷などで取り決めても最初から支払わないとか数回だけ支払っ...