天気

台風とは?ハリケーン・熱帯~温帯低気圧など簡単わかりやすくまとめ!

 

台風って何?と改めて聞かれると一瞬言葉に詰まる方も多いかと思います。タイフーンという言葉もあって、私自身、聞いたことはあるけど台風のイントネーションが違うだけ?としか思っていませんでした。

ニュースで見る海外のハリケーン、サイクロンにウイリーウイリー、バギオも台風と一緒?じゃ、ない???

台風になる前後の熱帯低気圧や温帯低気圧、高気圧等々、聞きなれない言葉・よく耳にはするけど、改めて考えると答えが難しい言葉や「気圧」について、簡単にわかりやすくまとめていきます。

 

台風とは何?

北西太平洋~南シナ海の決められた領域で発生する低気圧で(熱帯低気圧と呼ばれます)、低気圧内の10分間平均の大風速がおよそ17.2m/s以上のものを「台風」と呼びます

台風は地球の自転の影響で北~北西へ向かう性質を持っています。

にゃおさん
にゃおさん
最大風速が17.2m/sを超える熱帯低気圧を台風と呼び、超えないと呼び名は熱帯低気圧のままなのね

※温帯低気圧は構造が違うので、発達して速度が増しても台風にはなりません。

タイフーンって何?

国際気象機関(WMO)が定めている「typhoon(タイフーン)」。

北太平洋で発生する熱帯低気圧のことで語源は「ギリシャ語のtyphon(旋風)」「アラビア語のtufan(嵐)」「中国語の颶風 (ぐふう)」の3つ、もしくは各語が相互に影響しあった可能性もあるとされています。

「typhoon(タイフーン)」は風速33m以上のものを指していて、日本の気象庁が定める風速17mの差異があります。

国際基準の「typhoon」は日本では「強い台風」となります

 

日本語の「台風」と言葉は似ているけど語源が違い、「台風」は中国語経由で明治以降使われるようになった言葉とのことでした。




タイフーン、ハリケーン、サイクロン、ウィリィウィリィ、バギオとは何?

発生場所によって呼称が台風・タイフーン・ハリケーン・サイクロン等々異なるので表にまとめました。

熱帯低気圧の呼称 熱帯低気圧の発生場所
台風 東経180度より西の北西太平洋
南シナ海
タイフーン 北太平洋西部
ハリケーン 北大西洋
カリブ海
メキシコ湾
西経180度より東の北太平洋東部
サイクロン ベンガル湾
北インド洋
ウイリー・ウイリー オーストラリア西海岸
バギオ フィリピン




にゃおさん
にゃおさん
場所も違えば、名前もかなり違ってきますね

熱帯低気圧とは?

熱帯低気圧(ねったいていきあつ)とは、熱帯から亜熱帯の海上で発生する低気圧のことです。主に熱帯地方で発達するのでこの名前が付けられました。

低気圧って何?

周囲より気圧の低い部分のことです。

温帯低気圧って何?

暖気は軽いので上方へ行き、寒気は重いので下方へと移動する際に解放される位置エネルギーによって発達する低気圧のことです。主に温帯地域で発生するので温帯低気圧と名が付きました。




高気圧とは?

周囲より、気圧が高い所のことです。




気圧って何?

気圧とは、空気の重さによる圧力を指していることが多く、空気には重さがあって、私たちは周りにある空気からいつも押されています。

空気の量は地表には多く、外から押される圧力は地表と高い山の上では異なります。

よく、山の上は空気が薄い、といいますね。空気が薄くなるとそれに比例して気圧も低くなります。

お土産で買った袋菓子、飛行機に乗るとパンパンに膨らんだという経験はありませんか?あれは、外から押される力が弱まったので起こる事象です。

エレベーターに乗って高い場所に行くときに耳が苦しくなるのも、外から押される空気の量が変わることに関係しています。

まとめ

以上、台風やタイフーン、ハリケーンなど呼称の違い等についてと気圧についてのまとめでした。例年のことを考えると9月~10月はまだまだ台風が来るという印象でいます。

その際にもこちらの情報が、何らかのお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の台風の情報はこちらです。

あわせて読みたい
台風18号2019米軍・ヨーロッパ・気象庁進路予想最新情報 日本や関東への影響と対策もまとめ 2019年9月17日の米軍レーダー図に台風18号になる可能性のあるたまごが発生しましたが9月18日消滅しました。 台風18...
あわせて読みたい
台風17号2019米軍・ヨーロッパ・気象庁進路予想最新情報 日本や関東への影響と対策もまとめ 9月6日の米軍レーダー図で台風17号のたまごが19日午後3時に沖縄の南の海上で台風17号「Tapah(ターファー)」へと発達し、...
あわせて読みたい
台風16号2019米軍・ヨーロッパ・気象庁進路予想最新情報 日本や関東への影響と対策もまとめ 2019年9月15日21時、台風16号「Peipah(ペイパー)」が発生し、翌日9月16日21時に消滅したと発表されました。 ...
あわせて読みたい
台風15号2019(ファクサイ)たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)消滅・被害状況まとめ 2019年8月13日、台風15号の消滅と被害状況について追記しました。 2019年8月30日3時頃の米軍レーダー図に出現し...
あわせて読みたい
台風14号2019最新情報と進路予想(米軍・ヨーロッパ・気象庁)日本・関東への影響と対策もまとめ 2019年8月30日21時45分の米軍レーダー図に出現した台風のたまごが9月3日午前3時、トンキン湾で台風14号「Kajiki(...
あわせて読みたい
台風13号2019進路予想米軍・ヨーロッパ・気象庁最新情報 日本や関東への影響と対策もまとめ 2019年8月30日21時45分の米軍レーダー図では台風のたまごが2つ発生、9月1日確認の米軍レーダー図では台風のたまごがもう一...
あわせて読みたい
台風12号2019たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)被害と消滅についてまとめ 2019年9月1日、台風の消滅について追記しました。9月8日、再度被害状況について調査しましたが情報が見当たりませんでした。大き...
あわせて読みたい
台風11号2019たまごの発生から進路予想(米軍・ヨーロッパ・気象庁)被害と消滅についてもまとめ 8月29日、被害状況と台風の消滅について追記しました。 2019年8月17日に米軍レーダー図で確認された台風11号のたまご...
あわせて読みたい
台風10号2019たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)被害と消滅についてまとめ 8月26日、被害状況と台風の消滅について追記しました。 こちらの記事では台風10号(クローサ)の発生から消滅までをまとめて...
あわせて読みたい
台風9号2019(レキマー)たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)消滅・被害状況まとめ 8月21日、被害状況と台風の消滅について追記しました。 2019年8月1日に確認された台風9号のたまごはフィリピンの東で発...
あわせて読みたい
台風8号2019(フランシスコ)たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)消滅・被害状況まとめ 8月9日、被害状況と台風の消滅について追記しました。 7月31日に日本の南の海上で発生していた台風8号のたまごが8月2日午...
あわせて読みたい
台風7号2019(ウィパー)たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)消滅・被害状況まとめ 2019年7月30日に午後3時ごろ、南シナ海の海上で台風7号ウィパーのたまごとなる熱帯低気圧が発生し、翌日の2019年7月31日...
あわせて読みたい
台風6号2019(ナーリー)たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)消滅・被害状況まとめ 台風の消滅と被害状況について追記しました。 日本の南の海上で発生している温帯低気圧は7月25日には台風(ナーリー)に発達し...
あわせて読みたい
台風5号2019(ダナス)たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)消滅・被害状況まとめ 消滅と被害状況を追記しました。 2019年7月16日、朝のニュースでは今日中にも台風に変わると見られていた大型の温帯低気圧...
あわせて読みたい
台風4号2019(ムーン)たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)消滅・被害状況まとめ ベトナム・トンキン湾付近で大型の台風4号が発生したと発表がありました。前回同様に、気象庁・米軍・ヨーロッパが発表した進路予想と東...
あわせて読みたい
台風3号2019(セーパット)たまごの発生から進路(米軍・ヨーロッパ・気象庁)消滅・被害状況まとめ 2019年6月26日、熱帯低気圧が台風に変わり、台風3号となって日本にも接近する可能性があるとのニュースが流れていました。気象庁...
あわせて読みたい
台風2号2019(ウーティップ)たまごの発生から進路・消滅・被害状況まとめ 台風1号2019に続き、台風の時期と言われる夏より早い時期に発生した台風2号2019。 こちらについても台風1号に続き、ど...
あわせて読みたい
台風1号2019(パブーク)たまごの発生から進路・消滅・被害状況まとめ 2019年最初の台風、台風1号(パブーク)。 いつ発生していつ消滅したのか?どこで発生して進路はどこを進んだのか、 ...