未分類

台風28号2019カンムリ米軍ヨーロッパ気象庁進路予想比較・日本には来ないって本当?

 

26日午前9時、マリアナ諸島のグアムの近海で台風28号「カンムリ」が発生しました。

台風の統計が始まったのが1951年。それ以降、11月に台風が6個発生したのは1964年と1991年と2019年となってしまいました。

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センターやヨーロッパ中期予報センターというところが発表している進路予想と、日本の気象庁の進路予想もまとめて比較していきますのでご参考ください。

Kammuri(カンムリ」という台風の名前は日本が提供したものなんです。こちらについても由来など、詳しく解説していきますね。

こちらは11月27日AM3時の最新情報です。

 

台風28号はなんで「Kammuri(カンムリ)」

140用意されていて順番に同じ名前を付けられていく台風の名前の59番目にあたる日本提供の「Kammuri(カンムリ」の名前が付けられました。

Kammuri(カンムリ」は、日本で「星座のかんむり座」を指してます。

にゃおさん
にゃおさん
「かんむり座」って、聞いたことありますか??

私は星には疎くて、かんむり座をわからなかったので気になって調べてみたところ、

日本が提供している台風の名前の中には複数の「星座の名前」がありました。

その理由として、様々なところで被害を及ぼす台風の影響を一番受けてしまう人は?というと「海で働く船乗りさん」の話しがありました。

昔は星の位置を見て、自身の位置を把握していた船乗りさん。

台風の危険を一番受けてしまう船乗りさんの注意を引くために、台風の名前として「星座の名前」が使われたようです。

文献では確認はできませんでしたが、もしかしたら、過去に被害のあった台風の位置もみて、星座の名前の提供がされているのかもしれませんね。

ただ、その星座の名前はオリオン座等のポピュラーなものではなく、今回のかんむり座等マイナーなもの

その理由としては、有名な星座の名前は企業の商品名や商標登録で使われているものも多く、台風の名前として指定してしまうと企業や商品へも影響を与えかねない点を考えて選ばれたようです。

逆から言うと、起業を考えている方で会社の名前に星座の名前を付けようと考えられている方は、台風の名前に指定されている星座は避けた方がよさそうですね。

こちらは気象庁がまとめている台風の名前の一覧ですのでご参考いただけたら幸いです。

 

米軍

米軍進路予想図の見方

こちらの公式サイトで、最新の状況をご確認いただけます。

米軍レーダー図(JTWC:Joint Typhoon Warning Center)
JTWC公式サイト https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

日時の見方:米軍レーダー図の日時は「協定世界時」という時間で表示されていて、日本の日時とは9時間の時差があります。
「14/18Z」と書かれていた場合は協定世界時の14日18時ということなので、日本時間では9時間を足した「翌日、15日の5日の午前3時」になります。

米軍レーダー図・進路予想図

画像参照元:JTWC




ヨーロッパ中期予報センター進路予想図

ヨーロッパ・進路予想の見方

公式サイトを翻訳し、右下の「すべてのチャートを表示」→「850 hPaでの平均海面気圧と風速」で最新の状況をご確認いただけます。
※スマホからは証明書をインストールしないと見られない可能性があります。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
ECMWF公式サイト https://www.ecmwf.int/
日時の見方:イギリスの日時で表記されています。日本での時間を知りたい場合は日本とイギリスの時差8時間(サマータイムは+1時間:サマータイムは3月最終日曜日~10月最終日曜日)を計算する必要があり、表示が「9月14日、00 UTC」だった場合、ここに9時間を足して「9月14日、朝9時」ということになります。

ヨーロッパ中期予報センター進路予想図

※12 UTCなので日本時間21時の予測です

11月27日

11月28日

画像参照元:https://www.ecmwf.int/

気象庁

画像参照元:気象庁

米軍・ヨーロッパ・気象庁進路比較 日本には来ない?

マリアナ諸島にいる台風28号はゆっくりと西進し、30日の21時にはフィリピンの東の海上に達する見込みです。

このままの進路で進めば日本へは到達しない見込みですが、グアム近海やフィリピンの方でも被害が出ないことを願っています。

進路は急に変わることもあるので最新の情報には注意をしていきましょう。

RELATED POST