時事ニュース

吉本興業と反社会的勢力スポンサーとの繋がりが岡本社長の会見で発覚・芸人の反応と世論もまとめ

 

吉本の闇営業問題、宮迫さんと亮さんの会見で大きく動きましたね。2019年7月22日に行われた吉本の岡本社長の会見で、一部反社会勢力との繋がりが垣間見られた場面がありました。今回はその部分についてのまとめと会見の概要、今回の会見を受けての芸人の反応や動きと世論もまとめていきます。

当初問題になった闇営業についてはこちらでまとめているのでご参考ください。

あわせて読みたい
闇営業お笑い芸人メンバーの顔写真画像一覧・処分の期間と番組への影響は? 吉本興業所属のお笑い芸人11人とワタナベエンターテインメントの2人の合計13人が、事務所を通さない闇営業という形で報酬を受け取っ...

 

吉本の闇営業・宮迫さんと亮さんの会見のポイント

宮迫さんと亮さんが行った会見でポイントになったのは下記の点です。




岡本社長の発言「お前らテープ回してないやろうな?」

2019年6月24日に吉本の岡本社長、吉本の顧問弁護士、吉本の社員、闇営業にかかわった芸人の合計9人で話し合いをしているとき、岡本社長が顧問弁護士と吉本の社員ら4人に向かって「弁護士、社員すべて外に出ろ」と伝え、室内に岡本社長と闇営業にかかわった芸人の合計5人だけが残ったなかでこのように発言されたようです。

それに対して宮迫さんが「回してません。そんあことするわけありません。」と答えたとのこと。

田村亮さん対する発言

岡本社長は吉本を辞めてでも謝罪の記者会見を行いたいと懇願する田村亮さんに向かって「亮ええよ。お前辞めて一人で会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにするからな」「俺にはお前ら全員クビにする力があるんだ」とも言われたそうです。

にゃおさん
にゃおさん
すごいパワハラですね

大きく取り沙汰された闇営業問題、宮迫さんが謹慎期間に入っている時にテレビ等に出演している先輩芸人や後輩芸人が宮迫さん達、闇営業を行った芸人に対してのコメントを求められ、話しづらそうにコメントをしているのを見て吉本に、何度も謝罪の記者会見をやらせてほしいと連絡をしたとのことですが、その願いは叶わなかったそうです。

亮さんは吉本を親、自分を子となぞらえて「子が間違ったことをしたときに謝りたいと言っている時に、それを止めるのではなくてサポートするのが親じゃないんですか」と、吉本に対して不信をあらわにしていました。

宮迫さん・亮さんに対する発言

ギャラをもらっていたことを告げた宮迫さんと亮さんに対し「いまさらひっくり返せませんよ」「ずっと静観でいきましょう」と言われたとのことです。

こういったことを涙ながらに話された宮迫さんと亮さんのお二人。この会見を見て、先輩芸人の松本人志さんが動いたことで7月22日の岡本社長の記者会見の機会に繋がりました。

吉本の闇営業・岡本社長の記者会見、吉本の発表

7月22日の14時半ころから始まった吉本興業の記者会見。岡本社長は深々と一礼した後「ああいう記者会見をさせてしまったことに関しまして、2人に対して深くお詫びを申し上げます」と謝罪した後、7月19日に報じられた宮迫さんと吉本との契約解除について

処分の撤回を行いまして、いつの日か戻ってきてもらえるようなことがあるならば全力でサポートしていければと」と発表されました。




宮迫さんが指摘していた「テープ」についての質問に対する回答

その打ち合わせがなかなか進んでいなかったのでしゃべりづらいのか環境がちょっと違うのか、なので、弁護士ら4人に退室してもらって5人になったときに冗談で言った」と回答。

パワハラの認識について

宮迫さんや亮さんへの言葉はパワハラだと思うかと記者に問われると、

身内の意識であったので、家の中で起こってる感覚でしかなかったので

僕的にはそんなつもりではないんですけれども、結果として相手にそういう思いをさせてしまったということはダメなところです

相手がそういうふうに感じているのであれば、そうです

と、何度問われても、相手主体の返答で、岡本社長自身はパワハラだと認識していないということを主張されていました。

「いまさらひっくり返せませんよ」「ずっと静観でいきましょう」という発言について

「静観という言葉を使ったかどうかということは定かではないというか」まで岡本社長が話されて、当時対応したという藤原寛副社長にマイクは移り「静観という言葉を使ったかどうかというのはハッキリ言って覚えていないです」「使っていないとは思うんですけども」とのことでした。

吉本の闇営業・岡本社長の記者会見で明かされた反社会勢力との繋がり

宮迫さんと亮さんが行われた会見で吉本と反社会勢力の繋がりについて取り沙汰されました。反社会的グループの忘年会で宮迫さんは100万円、亮さんは50万円を受け取ったのですが、これについて宮迫さんが明らかにされたのは下記です。

亮さんが、仲介された入江さんに「そんな大金が払えるところは大丈夫か?」といったことを聞かれた際に、入江さんからは「僕のイベントのスポンサーについてくれている。僕がやる吉本の会社を通したイベントについてくれているスポンサーなんで、そこは安心です」と伝えたそうです。




今回の闇営業の発端となった振り込み詐欺のグループが、もともと吉本興業ともかかわりがあったととれるような内容で、これについて吉本興業は、事実ではないとしながらも「取引先が集めたスポンサーの1つが反社会的勢力だったことを認めました」。

吉本としては取引先が反社会的勢力ではないかの確認はしているが、その先の先に反社会的勢力が含まれていたとのことで、はっきりと明言はされていませんが、入江さんは吉本の仕事を通じて闇営業に繋がったこの反社会的勢力と接点を持った可能性もありますね。

 

闇営業にかかわった芸人さんたちは、闇営業という点よりは反社会的勢力と関わったことで謹慎等の処分を受けている状況の中で、吉本興業自体が反社会的勢力とのかかわりを持っていた事実があったことに驚きました。吉本興業は「反社会的勢力とは知らなかった」ことかもしれませんが、闇営業にかかわった芸人さんも斡旋した入江さんも「反社会的勢力とは知らなかった」となると、芸人側だけが罰則を受けている事態にも疑問が生じます

吉本の闇営業・芸人の反応と動き

松本人志さん

騒動が始まったあたりで宮迫さんが「(報酬を受け取ったのではなくて)打ち上げ代を出してもらっただけ」と言っていたときに「全員がいくらもらったとか」「細かいことを全部言った方がいい」と宮迫さんにアドバイスされています。このアドバイスはこの時の宮迫さんの耳には届きませんでした。




謹慎が発表された時に宮迫さんが松本さんに電話をかけて「ウソをついてしまっていました。すみません」と伝えると松本さんは「休んでいる間(宮迫さんが)出ている番組、俺、ノーギャラでも出たるから」と男気溢れる言葉を宮迫さんにかけてくださったそうです。

宮迫さんと亮さんの会見の後に、松本さんがされたツイートはこちら。


この後、ダウンタウンの育ての親でもある吉本興業ホールディングズの大﨑洋会長と、ダウンタウンの元マネージャーで現吉本興業の岡本昭彦社長と対談をするために東京に緊急移動。

上京した品川駅でスポニチの直撃取材にあった松本さんは「会社と話し合ってみますから。ちょっと心痛いですね」と話されていたそうです。

約2時間の対談後、7月20日に出演したテレビ番組「ワイドナショー」でも本件について下記のように語られていたとのことです。

芸人たちがギャラをもらったことを告白しても「会社としては静観します」と発言されたことを聞いて、松本さんは

俺ちょっと吉本おれないかもしれないわ」「こんな会社じゃダメや」と思ったと報じられています。

岡本社長には「間違いを犯した子たちをサポートできるような環境をつくって」「それは俺も手伝う」と声をかけられたとのことです。




明石家さんまさん

岡本社長に「芸人のことを考えてやってほしい。もし(契約)解除するんやったら俺が手伝ってやってもいいか」とも言われたと明かしていました。

にゃおさん
にゃおさん
さんまさんはご自身のテレビ番組で宮迫さんや亮さんのことを心配され、うち(の事務所)で引き取るか?なんてことをおっしゃっていたので、岡本社長に伝えた「手伝う」というのは、闇営業にかかわって吉本で活動できなくなっている芸人たちをサポートしてもいいか、ということをおっしゃっているんだと推測しています

ビートたけしさん

7月20日の「新・情報7daysニュースキャスター」に生出演した際に宮迫さんと亮さんの会見を見て

  • こういう姿を見せた芸人を見て誰が見て笑うんだってなる
  • だからこれをやってくれるなと思うわけ
  • 芸事はそういうことを全部忘れて明るく笑わせることが芸。それをやらせてしまう事務所がおかしい
  • 闇(営業)って言ってるけど、それをやらなきゃ食えないような事務所の契約がなんだ。家族がいて食えないようにしたのは誰なんだと。だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよということですよ

と痛烈に批判しました。

吉本の所属タレント

トレンディエンジェル 斎藤司さん

僕はこの会社だったんだなということにすごく情けないと言ったらあれですけど、一企業の代表としてなんでこんな周りくどいことばっかり言って、本当に、YES、NOの札を最初に渡しておくべきだったなくらいそれくらい言葉悪いですけど、長ったらしい

たむらけんじさん

なんかすごく、言い訳っぽく聞こえる。宮迫さん、亮の、あの腹くくった会見に比べたら俺はやっぱり、残念かな

にゃおさん
にゃおさん
昔から見てきた仲間であったり同士だったり、所属事務所ともなると、より、複雑な感情もでてきますね。




吉本の闇営業・世論

7月22日、岡本社長の会見の最中のフジテレビLive News it!18:14頃の報道では「チグハグ会見」と報じられています。報道を見られていた方への街頭インタビューでは下記のように回答されていました。

会見全般を見ての回答

  • ヤキモキ感、モヤモヤ感を感じた
  • 言い逃れしてる感じ
  • 何を言いたいのかわからない
  • 大きな会社なので、上からの圧力でなんとかさせようとしたんじゃないか?
  • 事務所の人が会見させなかったのか(吉本は)納得がいくように説明した方が良いかなと
  • 正直ダメですね。もっと男らしく正々堂々と・・・
  • 減給だったりとか(聞きたいことは)いやそうじゃないと、吉本興業として何かを変えなきゃいけないというほうが世の中的には求められているんじゃないかと

テープに関しての岡本社長の回答を受けた世論

  • 上段だったと言っても笑えないよ。「場を和ませるためだった」と後で言っても言い訳にしかすぎない
  • 軽率な発言だった

身内の認識で親が子を怒る感覚だったとの回答を受けての世論

  • 親としては子をかばう方が多い、言葉を選んで注意するだろうね。言葉を選んで注意する程度じゃないか
  • 上に立つものとしては言葉を選んでください
  • (冗談でも)そういう言い方はよくない、上の人が言うのはちょっと違うかな

宮迫さんと亮さんの処分の撤回についての世論

  • よかった、宮迫さんが消えるのはいやだなと思った
  • 客観的に見て反省している感じは見てわかりました。今後気を付けていただければ
  • 急展開、根本的な解決にはなってないんじゃないかな




まとめ

宮迫さん、亮さんの発言と岡本社長の意見の食い違いに視点が向いていましたし、宮迫さんと亮さんの処分は撤回、代わりに岡本社長と副社長の減俸の発表がなされて、これでなんとなく収束していくのでしょうか。

反社会的勢力との繋がりがどこでどのようにして起こったのかという点を解明したり、ビートたけしさんがおっしゃるように、自分も家族も食べていけるような報酬体系を作るなど、吉本興業には抜本的な改革に動いてもらいたい気持ちもあります。

毎年楽しみにしている「笑ってはいけない」今年も見ながら年を越したいので、吉本興業にとっても芸人さんにとってもよい状態で、世間にも受け入れてもらえるような結果になることを望みます。

関連記事はこちらです

あわせて読みたい
闇営業お笑い芸人メンバーの顔写真画像一覧・処分の期間と番組への影響は? 吉本興業所属のお笑い芸人11人とワタナベエンターテインメントの2人の合計13人が、事務所を通さない闇営業という形で報酬を受け取っ...